ナキウサギふぁんくらぶ
ナキウサギふぁんくらぶ

1995年7月31日、北海道に「ナキウサギふぁんくらぶ」が発足しました。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地のナキウサギを愛する125名の女性たちが、このなぜか不思議で愛らしいナキウサギが「絶滅しないように」と、ただその思いだけで結成したものです。ふぁんくらぶでは、全国の多くの皆さんにナキウサギのことを知ってもらうために様々な活動をしています。
あなたもふぁんくらぶへ入会して ナキウサギ のメッセンジャーになって下さい。

ふぁんくらぶの目的

  1. ナキウサギのことを知らない人達に、ナキウサギの存在を知ってもらう。
  2. ナキウサギのメッセンジャーとして、ナキウサギの想いを伝える。
  3. ナキウサギの天然記念物としての指定、絶滅危惧種としての指定を目指す。
  4. ナキウサギを亡きウサギにしないように絶滅の危機から守る。

 主な活動内容

生息調査・保護活動
エゾナキウサギの生息・生態調査や記録を続けると共に、生息地に影響のある開発計画に反対し、生息地を守る活動を行っています。これまで、士幌高原道路建設、日高横断道路建設、大規模林道建設などから生息地を守る活動を行い、これらの建設は中止になっています。しかし、美蔓ダムの建設や、サホロリゾート拡張計画、そして森林伐採や林道建設などによる生息地への脅威は現在もなお続いています。
文部科学省・環境省等への要請活動
文部科学省や北海道に対して、「国の天然記念物」としての指定を求める要請を繰り返しおこなってきています。また、環境省に対しては、エゾナキウサギの希少性、絶滅の恐れの増大を訴え、絶滅危惧種の指定の要請をおこなってきています。
2012年、エゾナキウサギは環境省のレッドリストの“準絶滅危惧”に選定されました。
しかし、この選定は不十分です。今後は“絶滅危惧U類”(= 絶滅の危険が増大している種)に選定されるよう要請を続けます。
ナキウサギ写真展や講演会の開催
ナキウサギの生態や愛らしさを多くの人に知ってもらうために、毎年、公募による「ナキウサギ写真展」を道内各地や道外で開催しています。また、ナキウサギの専門家を国内・海外からもお招きして、「ナキウサギのつどい」(講演会)を開催しています。
『ナキウサギつうしん』発行
ナキウサギの観察記録やふぁんくらぶの活動の案内、ナキウサギを取り巻く環境の報告など盛りだくさんの内容で年3回発行されます。
「ナキウサギの天然記念物指定」を求める署名活動
「氷河期の生き残り」ともいわれ、生態的にも学術的にも貴重とても貴重な動物ですが、近年、次々に計画される道路建設などによってその生存が危機にさらされています。ナキウサギが一日も早く天然記念物に指定され、保護されることを求める署名活動です。
『オリジナルグッズ』販売
ナキウサギふぁんくらぶオリジナルのかわいらしいナキウサギグッズを販売しています。収益金はすべてナキウサギの保護活動に使われます。
DVD『ナキウサギの世界』希望の学校の先生へ
学校など教育機関には無償でお送りしています。

【ボランティア募集】

現在大学生、OL、主婦、リタイヤした方など10人以上がボランティア活動をしてくれています。うれしいことに会員が大幅に増えたことで週一度の連絡作業(主に郵送)などに多くの人手がいります。写真展や集いなどの活動も多くさらに人手が必要です。
ご協力いただける方はfanclub(*)vmail.plala.or.jpへご連絡ください。
(*は@に変えて入力ください)

所 在 地 〒060-0003 札幌市中央区北3条西11丁目加森ビル
(社)北海道自然保護協会内
TEL 011-281-3348  FAX 011-281-3383
代 表 者 市川 利美
入会・募金 郵便振替口座 02730-1-17060

※ HPにて使用されている写真の著作権は撮影者に帰属します。転載・無断使用はご遠慮下さい。